変わりやすい山の天気の対策 | 都会から離れた自然にあふれた街で心も身体も癒やされてみませんか
menu

変わりやすい山の天気の対策

キレイな滝

旅行の天敵ともいえるのは実は「天候」だったりします。いくら完璧に計画を立てて、持っていくものを準備しても、雨などで悪天候になってしまえば、プランは変えざるを得ませんよね。しかし、あらかじめ天気が悪くなるということをわかっていれば、計画も変更しやすいでしょう。
こんなときは、天気の変化を常に確認しておくことが一番大事になってくるのです。では、どうやって天気を確認すればいいかというと、それは4つの方法があります。新聞、ラジオ、テレビ、インターネットの4つです。どれが一番確実性があるのか、ここで考えていきます。
まずは新聞ですね。新聞は朝刊に1日分の天気の動きを書いています。そして夕刊は午後以降の天気が書いています。新聞で天気を判断する時、朝刊で午後以降の天気まで決めつけないことです。午前は朝刊でいいですが、午後の天気は夕刊で判断しましょう。また、新聞のみでは一日に2回しか情報の更新がありません。次にラジオですね、ラジオは音声付きで一日複数回天気を教えてくれますが、音声しか無いせいか、情報のほとんどが主要都市のみです。またいつ発信されるかも不規則ですので、知りたいときに分かりません。3つ目はテレビです。テレビは音声と映像の両方を使ってお知らせしてくれます。また、デジタル放送なら番組の内容とは関係なく、天気を知ることができます。しかし、これも基本は主要都市のみです。
行き先の情報をピンポイントで調べることができないこともあります。最後にインターネットです。インターネットはスマートフォンやなどの端末を用意しないといけませんが、基本はいつでも調べることができます。また、地域も細かく調べることができるのです。
しかし、山中ではインターネットができないこともあるのが弱点です。
これら4つを比較して、わかることはどれも一長一短ということですね。状況の応じて使い分けましょう。